日々わくわくと

miyorinn.exblog.jp

毎日の出来事

ブログトップ

小さな涙の記憶

夕刊に始まりは小さな涙と称した記事が
読んでいくと長男の幼い日の記憶が少し甦った。
記事は
人生を変えた涙がある。
ある警察官の所に・・・
子供が、キジバトを抱き泣きながら飛び込んできたけど
内蔵破裂で助けれず、一念発起して休日に動物園に通い
治療・飼育法をまなんだ、人の話!!

給料をすべて動物に使う変なおまわりさん・・いろいろ言われたらしい。

耳を切られたウサギ
甲羅が割れた亀
目が接着剤でふさがれた猫
虐待されたペットも多いらしい。

今人の心の荒廃が、虐待された動物に重なると・・
親が子を殺し、子が親を殺す・・・そんな時代
「動物を通じて、生きるとは、死ぬとは何かを考えてほしい。
それが大人への心を育てていく」と

そういえば、長男は買っていたハムスターが弱って
もうダメだというときも、朝まで小さな手で心臓マッサージのようなことをしてたっけ・・
眠いのに・・泣きながら・・・
飼っていた、お魚が餌の小エビを食べる瞬間をみて
泣きながら、「お願いだから、食べないでー」と気がくるったかのように
泣き叫んでいたときも・・・
結局食べられて・・泣き疲れて放心状態になってた
それをみて、泣いてしまった私。

思春期に突入してる長男
大人への心しっかりそだってるかな。
だって、始まりは小さな涙ですもんね!!

昨日小学校の音楽室で見つけた
猫さんの音楽隊♪素敵な音楽奏でてるのでしょう♪
c0198976_895022.jpg


今日の朝食ー
c0198976_85911.jpg

[PR]
by wakuwakumiyorin | 2009-09-08 08:11 | 家族